弁護士に依頼する

B型肝炎の給付金の請求は弁護士に任せると良いでしょう。弁護士に頼むことによって、スムーズに手続きを進めることができるのです。代理人として行動してもらうことができるため、安心できるでしょう。裁判の手続きに慣れていなかったとしても、しっかりと弁護士がサポートしてくれるのです。そのため、何も問題はないでしょう。たとえば自分が本当にB型肝炎の給付金を受け取れるのかも確かめてくれます。必要な書類もすべて用意してくれるでしょう。

注射B型肝炎の給付金を受け取るためには集団予防接種を受けていたことを証明しなければいけません。その際には資料が必要となります。資料を自分で用意できなかったり、手元にないというケースもあるでしょう。この場合は弁護士が医療機関に問い合わせてくれたり、資料集めのための行動をしてくれます。このようなことは、自分でやると大きな負担になってしまうのですが、弁護士に任せることによって安心できるでしょう。

弁護士への依頼はまず相談をすると良いでしょう。無料の相談を受け付けている法律事務所はたくさんいます。B型肝炎の給付金に関する案件をこなしたことのある実績のある法律事務所を利用すると良いでしょう。専門性の高い案件だからです。

参考サイト
B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所

給付金訴訟をする

お金B型肝炎の給付金は特定の条件を満たしていれば受け取ることができます。それは昭和16年生まれから昭和63年生まれの方であり、満7歳までに集団予防接種を受けていて、現在B型肝炎ウイルスに感染している方です。あるいはこれらの方の遺族の方や母子感染された方も対象となっています。B型肝炎給付金の額は50万円から3,600万円にも達することがあります

B型肝炎給付金はそれぞれの病態によって支給される金額は異なっています。たとえば重度の方の場合は3,600万円の給付金を受け取れる可能性があるのです。また、まだ症状が出ていなかったとしてもある程度のお金をもらうことはできるでしょう。場合によっては検査費用も出してくれるケースもあります。

このようなB型肝炎給付金なのですが、受け取るためには国に対して訴訟をしなければいけません。そこで和解が成立すれば受け取れるのです。一般的な訴訟よりも負担は軽減されているのですが、それでも初めて裁判をするという方はハードルが高いと感じてしまうでしょう。そのために実際に訴訟をしている方はまだまだ少ない状態が続いているのです。給付金の支給には期限があるため、早めに手続きをしなければいけません。そうしないとせっかくもらえるお金がもらえなくなってしまいます。

B型肝炎の給付金

子供たちB型肝炎はある年代で多くの感染者を出してしまいました。しかも、それらは集団感染が原因となっています。子供達が集団予防接種を受ける際に、注射器が使い回されてしまったのです。それによって、どんどん感染者を増やしてしまいました。長年、そのような状態が続いてしまったのです。それによって多くの方が感染しました。中には母子感染したケースもあります。B型肝炎になったからといってすぐに死ぬわけではないのですが、中には重症になってしまったケースもあります。これらはすべて国の不注意によってもたらされたことです。

そのため、被害者は国に対して集団訴訟をしました。裁判が行われて、最終的には国と被害者との和解が成立したのです。その際には給付金を支給することが決まりました。B型肝炎の感染者の方は特定の要件を満たしていれば給付金を受け取れるようになったのです。ただし、この法律には期限が存在しているため、早めに手続を済ませなければいけません。

こちらではどうすればB型肝炎の給付金を受け取ることができるのか解説しましょう。給付金の受け取り方について分からない方はたくさんいるはずです。給付金をもらえる要件を満たしていても未だに給付金の請求をしていない方がたくさんいるのです。せっかく給付金を受け取れるチャンスがあるのに、それを逃してしまうのはもったいないことです。きちんと給付金を受け取っておくべきでしょう。こちらではそのための方法を説明します。