給付金訴訟をする

お金B型肝炎の給付金は特定の条件を満たしていれば受け取ることができます。それは昭和16年生まれから昭和63年生まれの方であり、満7歳までに集団予防接種を受けていて、現在B型肝炎ウイルスに感染している方です。あるいはこれらの方の遺族の方や母子感染された方も対象となっています。B型肝炎給付金の額は50万円から3,600万円にも達することがあります

B型肝炎給付金はそれぞれの病態によって支給される金額は異なっています。たとえば重度の方の場合は3,600万円の給付金を受け取れる可能性があるのです。また、まだ症状が出ていなかったとしてもある程度のお金をもらうことはできるでしょう。場合によっては検査費用も出してくれるケースもあります。

このようなB型肝炎給付金なのですが、受け取るためには国に対して訴訟をしなければいけません。そこで和解が成立すれば受け取れるのです。一般的な訴訟よりも負担は軽減されているのですが、それでも初めて裁判をするという方はハードルが高いと感じてしまうでしょう。そのために実際に訴訟をしている方はまだまだ少ない状態が続いているのです。給付金の支給には期限があるため、早めに手続きをしなければいけません。そうしないとせっかくもらえるお金がもらえなくなってしまいます。